12月6日、稀代の名車たちが二条城内を優雅に駆け抜ける
コンコルソ・デレガンツァ・京都アワード 2016

12月3日(土)から開始される特別展示『Concorso d'Eleganza Kyoto 2016』のハイライトとなるのが、12月6日(火)に開催されるセレモニー『Concorso d'Eleganza Kyoto Award 2016』(コンコルソ・デレガンツァ 京都 アワード2016)です。
12月3日(土)から特別展示されているビンテージカーたちは、世界に名がとどろく最高峰の名車ばかり。一同に会すること自体が奇跡ともいえるラインナップです。
その名車たちを芸術品・工芸品として審査し、アワードを決定します。一流コンクールと同様の審査員がその価値を厳正に審査。5台の車が選出され、その中から最優秀賞(Best of Show)を授与いたします。
アワード発表セレモニーでは、華麗なる名車たちが二条城内の花道を優雅に駆け抜ける雄姿を目前で見ることができます。どの名車が栄冠を手にするのか? その瞬間にぜひお立ち会いください。
各賞の発表と授賞式の後には、フェアウェルパーティーを開催致します。特別展示車両のオーナー様たち、そして世界中から集まった愛好家の方々とビンテージカーの魅力、そのクラフトマンシップについて語り合える社交の場です。ぜひご歓談くださいませ。

受賞車両一覧 エントリー車両一覧

特別な場「非公開エリア」での開催

『Concorso d'Eleganza Kyoto Award 2016』の会場は、二条城の通常非公開エリア「二の丸御殿中庭」「台所前庭」「台所」に加え、「二条城の東側エリア全体」が会場となります。二の丸御殿中庭という400年以上の歴史を持つ華麗な空間に映える名車たちをご覧いただけます。

12月6日当日はアワードに出展される全ての名車たちが、重要文化財建造物である「唐門」を背景にした特設ステージにて紹介されます。

さらに10月28日から開催の『ARTISTIC CARS AT THE WORLD HERITAGE』の展示車両も「二条城の東側エリア」「台所前庭」に展示場所を移動。歴史に名だたる憧れのスーパーカー、レーシングカーたちが、それまでとは違う趣きのある景観に並びます。
エントリー車両一覧

世界に名だたる審査員たち

アワードの審査は厳正に行われます。審査を行うのは、世界2大コンクールとして知られる『コンコルソ・デレガンツァ ヴィラ・デステ』(注1)、『ぺブルビーチ・コンコース・デレガンス』(注2)の両コンクールにおいて活躍されている審査員の方々、欧米のクラシックカー専門ジャーナリストの方々から構成された審査委員たち。12月3日〜5日の特別展示期間中に各車両の価値を評価し、吟味を重ね、審査を行います。その審査の結果として5つのアワードが決定。12月6日に表彰されます。

(注1)イタリア・コモ湖畔で100年近く開催されているクラシックカーの祭典。
[公式サイト]コンコルソ・デレガンツァ ヴィラ・デステ

(注2)アメリカ西海岸カリフォルニア州モントレーにある名門ゴルフリンクス“ぺブルビーチ”で行われている名車の祭典。同ゴルフリンクスは、全米オープンゴルフチャンピオンシップが開催されるほどの名門。
[公式サイト]ぺブルビーチ・コンコース・デレガンス

Pebble Beach Concours d’Elegance
Pebble Beach Concours d’Elegance
Pebble Beach Concours d’Elegance
Pebble Beach Concours d’Elegance

あなたも審査員のひとりです

5つのアワードのうちのひとつは、ご来場するみなさまに選んでいただくことになりました。ご来場のみなさまによる投票結果に、審査員たちの審議内容が加味され、ひとつのアワードを決定いたします。12月3日〜5日の間、会場入口でご来場者のみなさま全員に投票用紙を1枚づつ配布させていただきます。ぜひご参加ください。
Concorso d'Eleganza Kyoto Award 2016

受賞車両一覧

PAGE TOP